読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おんすき音楽感想世界

聴いた音楽の感想を中心とするブログ

Jealousy ( X )

邦楽

 

今回は、X (のちのX JAPAN)のJealousyの感想を記載します。

X JAPAN(エックス・ジャパン)は、日本のロックバンド。1989年にX(エックス)としてメジャーデビューし、1992年にX JAPANに改名。1997年に解散を発表し、同年12月31日にラストステージで活動を一旦終了。2007年に再結成。通称、X。

ジャンル:ハードロック

    :ヘヴィメタル

X JAPAN(エックス・ジャパン) - Wikipedia

Jealousy(ジェラシー)は、日本のロックバンド X が1991年にリリースしたメジャー2枚目、通算3枚目のスタジオアルバム。

Jealousy (Xのアルバム) - Wikipedia

 

曲順

Amazon.co.jp: 試聴 (MP3)。

1. Es Durのピアノ線

2. Silent Jealousy

3. Miscast

4. Desperate Angel

5. White Wind From Mr. Martin ~Pata's Nap~

6. Voiceless Screaming

7. Stab Me In The Back

8. Love Replica

9. Joker

10. Say Anything

 

作品について

攻撃性が高く、触ると火傷しそうな勢いが伝わってきます。

しかし、非常に荒々しかった前作『BLUE BLOOD』と比較すると荒々しさが減って、音のまとまり具合や楽曲の完成度が向上されています。

また作曲者によって内容も雰囲気も異なる音を放つため、当作品だけで様々なサウンドを聴かせてくれます。

そして、聴けば聴くほどその良さに気が付く『スルメ』のような楽曲が多く最初の頃には気が付かなかった新しい発見をすることが出来ました ( track1、4、5、6 )。

これからも気が付いていない何かを発見できるかもしれません。

 

1. Es Durのピアノ線

ピアノを中心とされたインストナンバー。

クラシカルな旋律が美しくて素晴らしい。

曲の終盤、突如不協和音 (音ズレ) を展開し空気が一変する。

何かが崩壊していくという演出に思えました。

これにより緊張感が増し、次の楽曲である『Silent Jealousy』への期待が高まる。

 

3. Miscast

ロックンロール色が強い疾走感に溢れたヘヴィメタルナンバー。

ザクザクとヘヴィなギターのリフを刻み続けるところがカッコイイ!!!

テンポが良くて非常に聴きやすいです。

この曲の作曲者であるHIDEの特徴や雰囲気を感じることが出来ます。

 

4. Desperate Angel

ワイルドでごきげんなアメリカンハードロックナンバー。

ブルージーかつ荒々しいハードなサウンドを展開。

ロックンロールの要素が前面に出ているが、激しいツーバスにヘヴィなギターを効かせるなどしっかりとヘヴィメタルもしています。

明るくノリが良いので気持ちが高まりました♪

これは隠れた名曲だと思います。

 

5. White Wind From Mr. Martin ~Pata's Nap~

カントリーテイストのアコースティックナンバー。

スローに流れる優しいメロディが心地いいです。

『癒し系』という感じです。

いい感じに癒されました♪

 

6. Voiceless Screaming

素晴らしい!!!

一番最初の音の時点でこの曲に吸い込まれてしまいました。

ドラムは無く、アコースティックギターを中心とした壮大なバラードナンバー。

美しくて切ないメロディがスローテンポにゆったりと流れていく。

コーラスも素晴らしく、哀愁感に包まれうっとりしてしまいました。

 

9. Joker

ヘヴィメタルというより軽快でノリノリなロックンロールという感じです。

作詞作曲がHIDEであるため至る所にHIDEらしい曲構成や歌詞が見受けられます。

曲中にある『天使の羽根』、『Joker』、『ドンキホーテ』などHIDEらしい歌詞になっています。

track3の『Miscast』同様、HIDEの特徴がよく表れている楽曲です。 

 

おんすきの選曲

・Silent Jealousy

・Stab Me In The Back

・Say Anything

 

選曲の感想

・Silent Jealousy 

X Japanの代表曲にして、X Japanの最高傑作の一つです。

バラードとアップテンポの二つの顔を持つ壮大なメタルナンバー。

激しい演奏とバラードのような雰囲気を持つこの曲に至っては、あえて踊ったり動いたりせずにじっくりと聴くほうが良いと思えます。

曲の中盤、ピアノソロとギターソロによって鳥肌が立つほど素晴らしい掛け合いを展開しヴォーカルも負けじと楽器隊に勝負を挑んでいるような印象を受けました。

代表曲『紅』とはまた違った美しくて激しい、熱いサウンドになっています。 

Silent Jealousy

Silent Jealousy

  • X
  • ロック
  • ¥250

 

  

・Stab Me In The Back

X Japanの楽曲の中でも非常に速くて激しいスラッシュメタルナンバー。

超高速テンポに怒濤のツーバス連打。

凶悪レベルではあるが、聴いていてスカッとします。

初めて聴いた当時 (高校生の頃) 、あまりの速さで訳が分かりませんでした。

しかし、激しさとスピードを求めていた頃だったので直ぐに夢中になってしまいました♪

ツーバスとは?

ダブル・ベース・ドラム(英: Double bass drum)とは音楽(主にポピュラー音楽)においてバスドラムが2個セッティングされたドラムセットやその状態、または、それを用いた演奏技法を指す。省略してツー・バスとも呼ばれる。

ツー・バスは主にハードロックやヘヴィメタルで使用され、特に速いテンポが特徴のスラッシュメタルや、ブラストビートを多用するデスメタルなどでは殆どがツー・バスである。

主にツー・バスを使用する目的は「ワンバスでは不可能な連打を可能にするため」や「それぞれ違う口径の物を使用し、対応力を高めるため」などがある。 

ダブル・ベース・ドラム(英: Double bass drum) - Wikipedia 

Stab Me In The Back

Stab Me In The Back

  • X
  • ロック
  • ¥250

 

 

・Say Anything 

感動的なバラードナンバーの傑作の一つ。

YOSHIKIによるピアノとTOSHIによるヴォーカルの絡みが本当に素晴らしいです。

雰囲気を壊さず、盛り立てるギターソロも素晴らしく曲全体をしっかり支えています。

しばらく聴いていると身体が癒されていくような気がしてきますので心にも身体にも良い楽曲だと思われます♪

初期の頃の作品でありながら完成度が高く、さすがX Japanと思ってしまいました。 

Say Anything

Say Anything

  • X
  • ロック
  • ¥250

 

 

Jealousy ( X ) 販売ページ Amazon.co.jp 

X Japan (DVD) 販売ページ Amazon.co.jp

 

以上、X (のちのX JAPAN)のJealousyの感想を記載させていただきました。

 

ではまた♪

 

関連記事 

yt0719yt.hatenablog.com

 

yt0719yt.hatenablog.com

 

全ての記事一覧 - おんすき音楽感想世界

邦楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

洋楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

 

広告を非表示にする