読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おんすき音楽感想世界

聴いた音楽の感想を中心とするブログ

SLIPPERY WHEN WET (BON JOVI)

洋楽

 

 

【日本盤アートワーク】

今回は、BON JOVIのSLIPPERY WHEN WETの感想を記載します。

Bon Joviボン・ジョヴィ)は、アメリカ合衆国のロックバンド。 

ボン・ジョヴィ - Wikipedia

(邦題・Wild In The Streets、原題・Slippery When Wet)はアメリカのロックバンド、ボン・ジョヴィ3枚目のスタジオ・アルバム。

SLIPPERY WHEN WET - Wikipedia

 

曲順

Amazon.co.jp: 試聴 (MP3)。

1. Let It Rock

2. You Give Love A Bad Name (禁じられた愛)

3. Livin' On A Prayer

4. Social Disease

5. Wanted Dead Or Alive

6. Raise Your Hands

7. Without Love

8. I'd Die For You

9. Never Say Goodbye

10. Wild In The Streets

 

作品について

当作品は世界的人気を得るきっかけとなったBon Joviの超名作。
キャッチーで印象に残るメロディや弾けんばかりの軽快かつ豪快なアメリカンハードロックをふんだんに聴かせてくれます。
そのため、どこかで聴いたことがある楽曲がいくつもあります。
初めて聴いたBon Joviのアルバムですが、聴きやすく直ぐに馴染むことが出来ました。

そして、当作品にはBon Joviの代名詞『 Livin' on a Prayer』があります!!!

 

1. Let It Rock

オルガンによる演奏により曲の冒頭から緊張感が増幅される。

間髪入れずボン・ジョヴィ流ハードロックが展開され空気が一変します。

幕開けにふさわしいワイルドな楽曲です。

 

6. Raise Your Hands

サビにつきキャッチーなメロディのため一緒に声を上げたくなります。

豪快なギターもかっこよくて楽曲における構成バランスがとても良い。

直球型のロックンロールです。

 

8. I'd Die For You

基本的にはハードロック調だが若干ポップサウンドも存在している感じの楽曲。

I'd Die For You

(俺は君のために死ねる)

という歌詞が逆に清々しい。

そして哀愁感を交えつつ熱く歌い続けるため、とにかく漢くさいです。

 

9. Never Say Goodbye

ゆったりとしたバラードナンバー。

サビのメロディが良い雰囲気を出しているので聴き入ってしまいます。

同時に爽やかで心地が良く、昔の思い出がよみがえってきます。

 

10. Wild In The Streets

軽快なロックンロールナンバー。

明るくて爽快なサウンドなので外へ飛び出したくなる気持ちになります。

ノリも良くてドライブなどにピッタリな楽曲です。

 

おんすきの選曲

・You Give Love A Bad Name (禁じられた愛)

・Livin' On A Prayer

・Wanted Dead Or Alive

 

選曲の感想

・You Give Love A Bad Name (禁じられた愛)

BON JOVIの代表曲。

どこかで一度は聴いたことがあると思われる有名曲、イントロからインパクト大のコーラスとヴォーカルによって直ぐに耳に残り、頭に刻まれます。

リズミカルで『うねる』ギターもまたカッコイイです。

だが、やはりこの楽曲においてはインパクトの強いサビが中心だと思います。

このワイルドでダイナミックなサウンドに圧倒されます。


Bon Jovi - You Give Love A Bad Name

 

 

・Livin' On A Prayer

BON JOVIの代表曲にしてBON JOVIの代名詞。

『You Give Love A Bad Name (禁じられた愛)』同様、どこかで一度は聴いたことがあると思われる有名曲です。

目玉はサビのメロディとトーキング・モジュレーターを使用したギターです。

サビではハイトーンボイスのヴォーカルによる盛り上がり具合が本当に力強くて、一緒に叫んでしまいそうになります。

何から何まで印象が強く、ハードロック史に残る名曲だと思いました。

エレクトリックギターやシンセサイザー等の楽器の音を、アンプ内蔵のスピーカーではなく専用のスピーカーからビニールチューブなどを通して演奏者の口の中に導いて共鳴させ、ボーカル用マイクで音を拾う。

トーキング・モジュレーター(talking modulator) - Wikipedia


Bon Jovi - Livin' On A Prayer

 

 

・Wanted Dead Or Alive

ギターがとにかくカッコイイ!!!ギターが主役のような楽曲です。

オベーション12弦ギターによるメロディが懐かしさと哀愁感があって非常に美しい。

一転してエレキギターによるハードロックがその場の空気を支配し脳天を直撃する。

情熱的なヴォーカルとコーラスも素晴らしく、王道のハードロックへ変貌していくこの

曲構成がとても素晴らしいです。

アメリカンハードロックの真髄のようなものを感じることが出来たボン・ジョヴィの大作です。


Bon Jovi - Wanted Dead Or Alive

 

 

SLIPPERY WHEN WET (BON JOVI) 販売ページ Amazon.co.jp

BON JOVI (DVD) 販売ページ Amazon.co.jp

 

以上、BON JOVIのSLIPPERY WHEN WETの感想を記載させていただきました。

 

ではまた♪

 

全ての記事一覧 - おんすき音楽感想世界

邦楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

洋楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界