読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おんすき音楽感想世界

聴いた音楽の感想を中心とするブログ

a-haは『Take On Me』だけではない

 

f:id:yt0719yt:20161208003217j:plain

a-ha(アーハ)は、ノルウェー出身のバンド。

ジャンル:シンセポップ
     ニュー・ウェイヴ

『Take On Me』(テイク・オン・ミー)の世界的なヒットや『007 リビング・デイライツ』(The Living Daylights)の主題歌、1994年リレハンメルパラリンピックのテーマ曲(Shapes That Go Together)、2009ベルリン世界陸上テーマ曲(Foot of the Mountain)を歌ったグループ。

a-ha - Wikipedia

 

a-haをしっかり聴き始めたのはここ最近の事です。

それまで聴いたことのある楽曲といえば『Take On Me』だけでした。

私は『Take On Me』が収録されたアルバム『Hunting High & Low』を一通り聴きました。

Hunting High & Low

Hunting High & Low

 

 

衝撃でした。

『Take On Me』に勝るとも劣らないどれもこれも逸品で素晴らしい楽曲ばかりです。

冬のこの時期にピッタリで雰囲気がとても合致しています。

シンセサイザーの音がとても心地よく、ゲーム音楽好きの私には堪りません。

透明感のある美しいメロディが素晴らしいです。


a-ha - Train Of Thought

  

a-haは「一発屋」という話を何度も聞いたことがありますが、結局どいう意味だったのか分からなくなりました。

恐らく商業的視点から考慮したら『Take On Me』だけだった、という意味なのかもしれません。

つまり『Take On Me』のみが大ヒット。

しかし音楽的内容から考慮したらa-haの楽曲は良曲揃いであり『Take On Me』だけではありません。

その証拠に日本の音楽フェスであるSUMMER SONIC 2010に参加、昨年につきブラジルRock In Rioフェスティバルに参加などしています。

本当の一発屋であれば参加どころか、とっくの昔に消えていたでしょう。

よって単純に一発屋と言い切ってしまうのは少し乱暴のような気がします。

やはり自分で聴いて確かめたりする方が良いかもしれません。

 

最後に。

一発屋と言われていても実はそんな事は無いという事柄が他にもあると思います。

(例:シャムシェイドというバンドは『1/3の純情な感情』しか知られていないが、実は他の楽曲も素晴らしい)

そう考えたら何故かワクワクしてきました。

まるで何かを掘り起こして見つけてみたいという感じです。

もっともっと色んな音楽をたくさん聴いてみます。

 

以上、a-haは『Take On Me』だけではないについて記載させていただきました。

 

ではまた♪

 

関連記事

yt0719yt.hatenablog.com

 

全ての記事一覧 - おんすき音楽感想世界

邦楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

洋楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界