読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おんすき音楽感想世界

聴いた音楽の感想を中心とするブログ

THE JOSHUA TREE (U2)

  

今回は、U2のTHE JOSHUA TREEの感想を記載します。

U2(ユートゥー)とは、アイルランドのロック・バンド。 

U2(ユートゥー) - Wikipedia

The Joshua Tree( ヨシュア・トゥリー)は、U2の5枚目のアルバム。

"Joshua Tree"とはアメリカ南西部の砂漠地帯に生えるユッカの樹のこと。

ヨシュア・トゥリー (The Joshua Tree ) - Wikipedia

 

作品について

アルバム『WAR』の時にあった荒々しさが薄れた分、洗練されている印象を受けました。

そしてサウンドに重厚感が加わり、荒々しさとは違った迫力と勢いがあります

同時にジワリジワリとくるような感覚もあります。

『Where the Streets Have No Name』、『I Still Haven't Found What I'm Looking for
』、『With or Without You』などのキラーチューンがあるのもまた魅力的です。

U2を知らない方でもじっくり聴けて楽しめると思います。

『WAR』(ウォー)は、アイルランドのロックバンド、U2の3rdアルバム。 

WAR (アルバム) - Wikipedia

 

曲順

Amazon.co.jp: 試聴 (MP3)。

1. Where the Streets Have No Name

2. I Still Haven't Found What I'm Looking for

3. With or Without You

4. Bullet the Blue Sky

5. Running to Stand Still

6. Red Hill Mining Town

7. In God's Country

8. Trip Through Your Wires

9. One Tree Hill

10. Exit

11. Mothers of the Disappeared

 

おんすきの選曲

・ Where the Streets Have No Name

・ I Still Haven't Found What I'm Looking for

・ With or Without You

 

選曲の感想

1. Where the Streets Have No Name

U2の代表曲。

ミドルテンポでゆったりとしたサウンドだが壮大感があり、一つ一つの音に力強さがあります。

シンプルで掻き鳴らすようなギターがより深みを与えている。

単純な曲構成な上に演奏時間が長いにもかかわらず不思議に飽きがこない。

それは、この楽曲そのものが自然体であるからなのかもしれません。

【動画内、2:00辺りから曲が始まります。】


U2 - Where The Streets Have No Name

 

 

2. I Still Haven't Found What I'm Looking for

美しく鳴り響くギターによるイントロで緊張が走る。

そして印象に残るキャッチーなヴォーカルメロディーを早早と展開。

それをヴォーカルのボノが熱く、しっとり歌い上げる。

全体的に心地良く、雰囲気がとても良い。

いつまでも聴いていられるような感じです。


U2 - I Still Haven't Found What I'm Looking For

 

 

3. With or Without You

 U2の代表曲。

一番最初の音の時点で名曲と感じさせてくれます。

段階として最初は全てのパートのサウンドがとても優しく緊張感に包まれています。

徐々に盛り上がり、やがて全てのパートが弾けるように大いに盛り上がりダイナミックになる。

聴き終わった後、余韻が残ります。


U2 - With Or Without You

 

 

THE JOSHUA TREE (U2) 販売ページ Amazon.co.jp

U2 (DVD) 販売ページ Amazon.co.jp

 

以上、U2のTHE JOSHUA TREEの感想を記載させていただきました。

 

ではまた♪

 

全ての記事一覧 - おんすき音楽感想世界

邦楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

洋楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界