読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おんすき音楽感想世界

聴いた音楽の感想を中心とするブログ

子供の頃はゲーム音楽に夢中だった

子供の頃はゲーム音楽に夢中だった

 

f:id:yt0719yt:20161110174949j:plain

f:id:yt0719yt:20161109141836p:plain

 

f:id:yt0719yt:20161109141936p:plain

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ|任天堂

 

買いました。

思い出のゲームからやったことが無いゲームまで楽しめそうなので予約して買いました。

 

テレビゲームの思い出は色々ありますが、中でも絶対欠かせないのがゲーム音楽です。

小さい頃はとにかくゲームとゲーム音楽に夢中でした。

 

そこで今回は、ゲーム音楽の思い出について記載します。

 

小学生の頃

テレビゲームっ子でした。

この頃から既にゲーム音楽に興味を持ち、ゲーム音楽のサントラ (サウンドトラックCD)を買い始めました。

よって流行歌を含め、歌ものには全く興味がありませんでした。

聴いても受けつけませんでした。

 

中学生の頃

テレビゲームとファッションに夢中でした。

そんな中、同級生達は本格的に音楽を聴き始めていました。

邦楽洋楽問わず、コブラ、ラフィンノーズ、セックスピストルズなど昔の作品も聴き始めた者もいました。

しかし、相変わらず私はゲーム音楽しか聴きませんでした。

さすがにこれはヤバいと思い、友人からCDを借りたり流行りの音楽情報を聞いたりして歌ものを聴きこみましたが、やはり受けつけませんでした。

ここまで歌ものを受けつけないなんて、正直病気かと思いました。

ただ、音楽の授業の時に聴いたシューベルトの『魔王』は感動しました。

  

高校生の頃~現在

転機が訪れました。

ゲーム音楽好きの仲間が出来ました。

その中にはバンドをやっている者もいれば、洋楽に詳しい者もいたりとゲーム音楽だけではなく、邦楽洋楽と様々な歌ものを教えてくれました。

これをきっかけにXJapanやミッシェルガンエレファント等に出会い歌ものに目覚めました。

現在は歌ものもゲーム音楽も聴いています。

 

思い出のゲーム音楽

 

ドラゴンクエスト

ドラクエシリーズはゲームソフトも音楽CDも同時に味わっていました。

冒険の旅/ドラゴンクエスト3

冒険の旅/ドラゴンクエスト3

  • megane
  • サウンドトラック
  • ¥150

 

戦闘のテーマ/ドラゴンクエスト3

戦闘のテーマ/ドラゴンクエスト3

  • megane
  • サウンドトラック
  • ¥150

 

勇者の挑戦/ドラゴンクエスト3

勇者の挑戦/ドラゴンクエスト3

  • megane
  • サウンドトラック
  • ¥150

  

グラディウス

コナミの作品は良質なゲーム内容と同時に良質なゲーム音楽を楽しめました。

特にグラディウスシリーズは印象的かつ素晴らしいメロディを量産していました。

またコナミ独特の綺麗で美しい音質もまた魅力的でした。

そのため効果音やメロディを聴くだけでコナミの作品だとすぐに分かりました。

第1ステージ(グラディウス)

第1ステージ(グラディウス)

 

第6ステージ(グラディウス)

第6ステージ(グラディウス)

 

BOSS(グラディウス)

BOSS(グラディウス)

 

沙羅曼蛇 (サラマンダ)

 グラディウス同様、コナミならではの素晴らしいメロディが聴けます。

Power of Anger (1st.BGM)

Power of Anger (1st.BGM)

 

(ライフフォースのステージ2及びFC版沙羅曼蛇のステージ5で使用、個人的に最も好きな楽曲の一つです)

Thunderbolt (2st.BGM)

Thunderbolt (2st.BGM)

 

Poison of Snake (ボスBGM)

Poison of Snake (ボスBGM)

 

がんばれゴエモン!からくり道中

 へんてこなサウンドが印象的でした。

悪い殿

悪い殿

 

悪魔城ドラキュラ

ここでもコナミ独特の音質による効果音とメロディを楽しめました。

ホラーテイストなメロディによってドラキュラをイメージさせたその音楽的表現力が本当に凄いです。

Prologue(スタート BGM)

Prologue(スタート BGM)

 

Vampire Killer(城内潜入BGM)

Vampire Killer(城内潜入BGM)

 

Poison Mind(ボスBGM)

Poison Mind(ボスBGM)

 

サガシリーズ

伊藤賢治氏(イトケン)の楽曲はどれも素晴らしいが、やはり戦闘の音楽が逸品です。

特にボス戦は至高です。

最も多く聴いていたゲーム音楽伊藤賢治氏の作品かもしれません。

 

Sa・Ga2 秘宝伝説

度肝を抜かれました。

ゲームボーイとは思えない迫力のあるサウンドの楽曲です。  

必殺の一撃

必殺の一撃

 

【ロマンシング・サガ1】

ラスボスにおける最高の楽曲の一つです。

決戦!サルーイン

決戦!サルーイン

 

ロマンシング・サガ2】

勇ましく切ない雰囲気が魅力的な楽曲です。

歴代皇帝

歴代皇帝

 

ゲーム音楽 販売ページ Amazon.co.jp

Rom Cassette 販売ページ Amazon.co.jp

 

ま と め

今なお聴いても素晴らしいです。

当時のゲームハードにおけるサウンドスペックは今ほど自由に表現をすることが出来ず、限られていました。

限られた状況の中でこれほど豊かで洗練された音楽を生み出すその職人魂に感服します。

今思うと子供の頃に夢中になって聴いていた理由は、ゲーム音楽がクオリティの高いものばかりだったからだと思います。

もしかしたら私の音楽のルーツはゲーム音楽かもしれません。

 

以上、ゲーム音楽の思い出について記載させていただきました。

 

ではまた♪

 

全ての記事一覧 - おんすき音楽感想世界

邦楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

洋楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界