読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おんすき音楽感想世界

聴いた音楽の感想を中心とするブログ

Rollers Romantics (The Birthday)

邦楽

 

今回は、The BirthdayのRollers Romanticsの感想を記載します。

The Birthday(ザ・バースデイ)は、日本のロックバンド。

ジャンル:ガレージロック

    :オルタナティヴ・ロック

    :ブルースロック

The Birthday(ザ・バースデイ) - Wikipedia

『Rollers Romantics』(ローラーズ・ロマンティックス)は、The Birthday1枚目のアルバム。 

Rollers Romantics(ローラーズ・ロマンティックス) - Wikipedia

 

作品について

じっくりと聴かせるロックンロール。

ミッシェルガンエレファントのような暴れられる激しいサウンドとは異なります。

ミッシェルガンエレファントが『動』のロックンロールに対しザ・バースデイは『静』のロックンロールです。

サウンドは王道のロックンロール、そして哀愁のようなものがあります。

一言で大人になったロックという感じです。

 

曲順

Amazon.co.jp: 試聴 (MP3)。

1. シャチ

2. stupid

3. MEXICO EAGLE MUSTARD

4. Nude Rider

5. 春雷

6. 白い蛇と灯台 -後編-

7. Lock On (インスト曲。次曲と繋がっている。)

8. LAZY SUBMARINE

9. KIKI The Pixy

10. 焦燥のバラッド

11. King Motor Haus

12. Sheryl

 

おんすきの選曲

2. stupid

5. 春雷

9. KIKI The Pixy

 

選曲の感想

2. stupid

不思議感が漂うイントロのベースソロに体が吸い込まれていきそうです。

ミドルテンポで景色が流れていくようなサウンドが印象的です。

次から次へと語りかけるヴォーカルに迫力があります。

綺麗に響くクリーンなギターの音が心地いい。

繊細ではあるが、勢いが感じられるロックンロールです。


The Birthday - stupid

 

5. 春雷

スローテンポで長時間な楽曲です。

成熟されたサウンドになっているため、ミッシェルガンエレファントをよく知っている者にとっては衝撃だと思います。

よって初めて聴いた時は驚きました。

ミッシェルガンエレファントの頃にあった『トカゲ』や『ゲット・アップ・ルーシー』のようなパブロックとはまた異なったじっくりと聴かせる楽曲になっています。

ロックンロール特有の危険な感じはあまり無く、哀愁感が漂っています。

春雷

春雷

 

9. KIKI The Pixy

攻撃的で尖ったギターサウンドではなく、深みのある優しさがあるようなギターサウンドになっています。

ヴォーカルもまた味わい深い声を聴かせてくれます。

幾多のライブをくぐり抜けてきたような貫禄のようなものを感じます。

つまり、この深みのあるサウンドはそう簡単には出せないと思います。

終わり方も素晴らしいです。


The Birthday - KIKI The Pixy

 

Rollers Romantics (The Birthday)  販売ページ Amazon.co.jp

 

以上、The BirthdayのRollers Romanticsの感想を記載させていただきました。

 

ではまた♪

 

 関連記事

 

全ての記事一覧 - おんすき音楽感想世界

邦楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

洋楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界