読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おんすき音楽感想世界

聴いた音楽の感想を中心とするブログ

Little Playmate( Kemuri )

 

今回は、KemuriのLittle Playmate(1stアルバム)の感想を記載します。

KEMURI(ケムリ)は日本のスカパンクバンド。自らのバンドスタイルを「P・M・A(Positive Mental Attitude - 「肯定的精神姿勢」)」と称している。

KEMURI(ケムリ) - Wikipedia

 

・作品について

落ち込んでいた時にこれを聴いたら少し元気になれました。

何か背中を押された気分です。

サウンドに関しては基本的にテンションが高い構成となっているが、track7のようにムードある演奏によりセクシーな音を出す曲があります。

そしてtrack14のような泣きのメロディの要素があったりとじっくりメロディを聴かせてくれる曲もあります。

スカパンクによる爽快感とテンポの良さで明るく楽しくなれます。

 

・曲順

Amazon.co.jp: 試聴 (MP3)。

1. New Generation
2. Knockin' On The Door
3. Prayer
4. Workin' Dayz
5. Rainy Saturday
6. Circle Of Life
7. Sun Set
8. Live Up To Ya Rights
9. Don't Know
10. Ato-Ichinen
11. Mercy
12. Givin' Up
13. Yellow Survivors
14. On The Street

 

・おんすきの選曲

1. New Generation

3. Prayer

10. Ato-Ichinen

 

・選曲の感想

1. New Generation

ケムリの代表ナンバー。

冒頭からテンションが高く、サビでは更にテンションが高くなり気持ちが盛り上がる。

ヴォーカルも伴奏も明るく非常に楽しくなれる曲です。

フジロック98で初めてケムリを観て聴いた時は朝一からアーティストとオーディエンスのテンションの高さにとても驚きました。

目覚めの一発です。


KEMURI / New Generation (Live Clip from TOUR 2012 ~REUNION~)

 

3. Prayer

穏やかに始まり、そして激しくなる。

スピーディで終始ノリの良いテンポなので体が動いてしまう。

サビのメロディがとても心地よく一段とテンションが高くなり走り回りたくなる。

ただどこか切ない雰囲気がありますが、それもまたいい味だ。

切なくもあり明るく楽しい曲です。

Prayer

Prayer

  • KEMURI
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

10. Ato-Ichinen

ケムリの絶対的アンセム。

イントロはヴォーカルと伴奏共に抑え気味、そして『あと一年』と叫ぶと全てが一気に爆発。

『あと一年』という考え方を前向きに捉えた歌詞により心が揺さぶられる。

それを明るいサウンドにして歌い飛ばすため余計に心が揺さぶられる。

心も体も動いてしまい心身ともに良い刺激を与えてくれる曲です。


KEMURI / Ato-ichinen (Music Video)

 

Amazon.co.jp: こちらもどうぞ: リトル・プレイメイト

以上、KemuriのLittle Playmate(1stアルバム)の感想を記載させていただきました。

 

ではまた♪

 

全ての記事一覧 - おんすき音楽感想世界

邦楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

洋楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

 

関連記事

yt0719yt.hatenablog.com