読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おんすき音楽感想世界

聴いた音楽の感想を中心とするブログ

KORN (KORN)

 

コーン

今回は、KORNの KORN (1stアルバム)の感想を記載します。

コーン(Korn、KoЯn表記もあり)は、アメリカ合衆国ニュー・メタルバンド

コーン (KORN) - Wikipedia

 

1. blind

始まりの重低音。

曲の冒頭は静かであり、いわゆる『ため』。

そしてヴォーカルの一声で重低音による爆音が一気に放出し、それが脳天まで響き渡る。

うねるヘヴィサウンドで激しく飛び跳ねてしまう。

衝撃の一発目にして衝撃の一撃。


Korn - Blind

 

2. ball tongue

貫く重低音。

基本は重低音を構成としているが時折見せる高音部分が不気味さを増加させる。

畳み掛けるヴォーカルと吠えるバックボイスで興奮してしまう。

曲の終盤は何かで叩かれて悲鳴を上げるという演出のようなものが聴ける。

夜遅くに聴くと怖いです。

 

3. need to

これぞKORNによるダークサウンド。

叫び上げるヴォーカルにスラップベースとホラーテイストなギターのリフが印象的であり雰囲気を上手く作り上げている。

非常に斬新な音だ。

そして不気味で恐怖のような感覚を味わえます。

亡霊が出てきそうなサウンドだ。

Need To

Need To

  • コーン
  • メタル
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

4. clown

重低音が迫ってくるような感覚だ。

スローテンポだが、それがより一層緊張感を高める。

つまりおどろおどろしい。

落ち着きのある声になったり感情的になったりと変幻自在な歌い方がこの曲を作り上げているような気がします。

ジョナサン・デイヴィスというヴォーカルの技術を楽しめます。

 

5. divine

KORN感たっぷり。

3. need to 同様KORNでしか味わえないダークサウンドを聴くことが出来る。

『ため』からの爆音放出という演出があったりと飽きさせない工夫もあります。

アップテンポなためノリが良いです。

ホラーではあるが楽しくもある。

 

6. faget

異質過ぎるギターのリフ。

特記すべきはやはり徹底的に低くされた7弦ギターによる重いリフだろう。

他の曲も7弦ギターによる重低音を聴くことが出来るがこの曲は特に重たく、ひたすらに歪みを効かせた重いリフになっています。

歪み具合が凄いので最初は雑音のように聴こえます。

しかしやがてクセになります。

 

7. shoots and ladders

バグパイプが絡むheaviness

冒頭はヴォーカルのジョナサン・デイヴィスによるバグパイプが神秘的だ。

だがギター等他の楽器が入りその場が一瞬でダークに変化。

ヴォーカルの息づかいが荒くなり、やがて感情的に歌い上げるなどやはり全体的にダークでホラーテイスト。

戦慄のバグパイプだ。

 

8. Predictable

ナチュラルなラウドロック。

スローテンポだが重低音によるうねりが強く心地よい。

荒々しくは無く静かめで落ち着いた演奏だが逆に緊張感が増してくる。

ヴォーカルもそれほど強調はしない。

大人しめな爆音だ。

 

9. fake

静と動。

轟音から静寂、静寂から轟音という構成が繰り返される。

この感覚は他の曲には無いような気がした。

かなり工夫しているなと思ってしまう。

実に印象深い曲だ。

 

10. lies

バッキングボーカルも一品。

随所にあるシャウトするバッキングボーカルが非常にカッコイイ。

メインヴォーカルも負けじと声を張り上げてまるで応戦しているように聴こえてくる。

それが聴いている方まで伝わってくるので思わず興奮してしまう。

戦いを観戦しているような曲だ。

Lies

Lies

  • コーン
  • メタル
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

11. helmet In the bush

怪奇な世界観。

スローテンポで展開されるため余計に恐怖を煽られる。

不気味感が半端ないギター。

そこへ静かに入って来るヴォーカルもまた怖い。

薄暗い曇り空の日によく似合う曲です。

 

12. daddy

これは他に類を見ない。

スローテンポでアカペラから始まり伴奏が挿入されるとヴォーカルが語りかけてくるように歌い続ける。

やがて感情的になり叫びながら声をまき散らす。

そして泣き崩れそれが約3分間続き、曲が終わっても泣き続ける。

これは音楽による表現方法なのか?と思ってしまった。

 

コーン

コーン

 

 

以上、KORN (KORN)の感想を記載させていただきました。 

選曲をするとしたら1. blind、3. need to、10. lies、になります。

 

初めてKORNを観たのはウッドストック99 (衛星放送で)です。

あれから20年近く経ちますがあの時の凄まじい衝撃は今でも覚えており作曲につき音作りを真似していました。

KORNと言ったら超重低音とヴォーカルのジョナサン・デイヴィス氏そのものになります。

1stアルバムにしてそれらKORNの特徴的要素が見事に詰まっていますので初めて聴く方でも十分にKORNを楽しむことが出来ます。

そして色んな意味で衝撃と戸惑いを受けることでしょう (特に12. daddy)。

技術的な面においてはダウンチューニングを施した2本の7弦ギター、5弦ベースにスラップ奏法を多用しその5弦ベースに中音域をカットさせたドンシャリ効果を効かせる

ドンシャリ - Wikipedia

ドラムは一打一打が重い力が入ったパワフルなドラミングなど他のバンドではほとんど見られない楽器構成及びチューニングとなっているので新鮮に感じられると思います。

このアルバムからあらゆる意味で衝撃を体感しました。

 

ではまた♪

 

全ての記事一覧 - おんすき音楽感想世界

邦楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

洋楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界