読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おんすき音楽感想世界

聴いた音楽の感想を中心とするブログ

BABYMETAL (BABYMETAL)

 

BABYMETAL(通常盤)

 今回は、BABYMETALのBABYMETAL (ファーストアルバム)の感想を記載します。

BABYMETAL - Wikipedia

BABYMETAL』(ベビーメタル)は、BABYMETALの1作目のスタジオ・アルバム

BABYMETAL (アルバム) - Wikipedia

 

1. BABYMETAL DEATH

幕開けに相応しいインストヘヴィメタル

声はアイドル、音はヘヴィメタルというBABYMETALの基本的な姿勢や取り組み方がよく解る曲だ。

激しいヘヴィメタルサウンドに自己紹介を入れてくるところが更に気持ちを盛り上げ、これから始まるショーへのウォーミングアップのような緊張感を味わえる。

これはBABYMETAL DEATHという名の準備体操曲。

 

2. メギツネ

和風メロディーとヘヴィメタルとの融合。

和音階を強く前面に出したヘヴィメタルにテンポのよいリズムで体が思わず動いてしまいす。

曲構成、バランス、雰囲気と非常に完成度の高い曲だと強く感じました。

しかしアイドル感はしっかり残っており、メタルとヴォーカルの美しい歌声と可愛らしい掛け声を同時に楽しめます。

そこが凄い。

日本を象徴するメタルナンバーです。

 

3. ギミチョコ!!

アイドルによる疾走感たっぷりのメタルナンバー。

曲の構成自体は非常にシンプルだがメタルによる重いリフからアイドルヴォイスへ移り変わるギャップの構成がクセになり夢中になれる。

この音はBABYMETALだけだと言わしめることが出来る曲であり存在です。

 

4. いいね!

楽しい爆音とダンス。

シンセサイザーによるダンスミュージックにヘヴィな爆音ギターという特殊的な雰囲気を持つ曲だがこれもまたクセになる。

途中まではアイドル感満載、しかし間奏部分は凄まじく重いメタルサウンド。

いわゆるブレイクダウン。

可愛らしさから凶悪な爆音メタルサウンドに変化するというこの落差がたまらない。

これまでのメタルとはまた違った楽しさとノリノリ感を味わえます。

最後は笑顔になれます。

 

5. 紅月-アカツキ-

美しい歌声と壮大な世界観。

SU-METALのソロ曲であり、サウンドはメロディックスピードメタル。

どの要素も素晴らしくて挙げたらキリがありませんでした。

つまり、この曲のためにこのアルバムを買っても良いと思えるような巨大な存在といえますので、ぜひとも聴いて頂きたいです。

まるで神が降臨したような曲です。

 

6. ド・キ・ド・キ☆モーニング

BABYMETALのファーストナンバー。

初めてこの曲に出会った時のインパクトと衝撃は今もなお覚えています。

アイドルによるポップサウンドとヘヴィメタルによる重低音の融合がここまで綺麗に合致するとは本当に驚きました。

革命という言葉が相応しい衝撃的な曲です。

今もドキドキしています。


BABYMETAL - ド・キ・ド・キ☆モーニング - Doki Doki☆Morning (OFFICIAL)

 

7. おねだり大作戦

BABYMETAL流ミクスチャーサウンド。

BLACK BABYMETAL (YUIMETALとMOAMETALによるユニット)のナンバー。

欲深いブラックな歌詞にラウドするサウンドが印象的で、可愛いけど悪意に満ちた面白い曲になっています。

しかし音はしっかりメタルをしています。

そして大量の札束が目に浮かびます。

 

8. 4の歌

BLACK BABYMETAL (YUIMETALとMOAMETALによるユニット)のナンバー。

基本的なサウンドはスピーディーなヘヴィメタルだが間奏部分は突然レゲエ風に変わり、そしてまたヘヴィメタルに戻るという変則的な要素を持った曲だ。

4は縁起の悪い数字だという考え方を前向きな考え方にしてくれる歌詞が実に面白い。

『ビタミンの4、喜びの4』。

前向きになれました。

 

9. ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト

可愛らしさが詰まったデジタルサウンド。

デスヴォイスがあったりと音こそはハードだが、アイドル感満載のヴォーカルと歌詞にダブステップなサウンドで体が動いてしまう。

歌詞構成が非常にシンプルなのでライブなどで掛け声をしたり声を上げて思わず歌ってしまいそうだ。

老若男女問わずみんなが楽しめる曲です。

 

10. Catch me if you can

スピード感あふれるハードコアサウンドにアイドル要素が追いかける。

曲の出だしは静寂で物静かだが激しいサウンドと速いリズムが発生し、途中落ち着きはするものの後半はメロコアのようなビートになるというスピーディーで目まぐるしい構成を展開するためノリノリになりかつ興奮を味わえます。

メタル要素とアイドル要素が追いかけっこしているような走りたくなる曲です。

 

11. 悪夢の輪舞曲

ダークな世界観と、もの悲しさ。

SU-METALのソロ曲であり、物悲しく切ない歌声を聴かせてくれる。

変拍子に暗い世界観と好みが分かれそうなクセのある曲だが、とても中毒性のある曲でもあり聴く人の音楽的ジャンルの幅を広げてくれそうな可能性を持っており目覚めさせてくれる。

プログレというジャンルに。

 

12. ヘドバンギャー!!

BABYMETALらしい曲だ。

遊び心とヤケクソ感があるという印象を受けるが、それがBABYMETALだと個人的に思っています。

この曲はそれらを最もよく表現しており、まさにBABYMETALそのものを象徴しているような感じがします。

激しさもあれば面白さもある、それがBABYMETALです。


BABYMETAL - ヘドバンギャー!!- Headbangeeeeerrrrr!!!!!!! (OFFICIAL)

 

13. イジメ、ダメ、ゼッタイ

メロディックスピードメタルとアイドルとの融合。

SU-METAの優しい歌声がスローテンポに響くオープニングから突如高速で激しいギターに変わりSU-METAの叫び声が響きわたり曲が盛り上がる構成、それをYUIMETALとMOAMETALのコーラスが支えるという今までにない音楽に衝撃と可能性を思わせてくれる作品です。

王道的かつ伝統的な曲構成のメロスピをアイドルが歌い上げるという衝撃はド・キ・ド・キ☆モーニング同様今でも覚えています。

そして別の世界へ飛んで行ってしまいそうです。


BABYMETAL - イジメ、ダメ、ゼッタイ - Ijime,Dame,Zettai (OFFICIAL)

 

BABYMETAL(通常盤)

BABYMETAL(通常盤)

 

 

BABYMETAL(初回生産限定盤)

BABYMETAL(初回生産限定盤)

 

 

以上、BABYMETAL (BABYMETAL)の感想を記載させていただきました。 

この作品はBABYMETAL初のフルアルバムではあるが内容があまりにも充実しており

ベストアルバムのような存在です。

それは一つ一つの曲が全く違った顔を持ち同じような曲が無いからです。

つまりこのアルバムそのものが一つの作品と思えてしまいます。

選曲をするとしたら6. ド・キ・ド・キ☆モーニング、12. ヘドバンギャー!!、13. イジメ、ダメ、ゼッタイ、の存在が大きいです。

 

ヘヴィメタルにアイドルが歌とダンスをするという衝撃で斬新かつ新しい世界観を感じさせてくれました。

ライブではアイドルでありながら激しいパフォーマンスにオーディエンスもロックコンサートと同様に激しい盛り上がりをするなど通常のアイドルのライブとはかなり違っていました。

ファン層がかなり偏りがちと思われましたが、周りを見渡すと客層が老若男女問わずあらゆる年齢の方々が音楽を楽しんでいる光景でしたので大変驚きました。

アイドルとヘヴィメタルという世界が大きく開かれた瞬間を感じました。

 

ではまた♪

 

関連記事

yt0719yt.hatenablog.com

 

yt0719yt.hatenablog.com

 

全ての記事一覧 - おんすき音楽感想世界

邦楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

洋楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界